タクシーサイネージ広告とは?出稿するメリットや成功事例を解説

近年、広告業界ではポスターや看板に変わり、デジタルサイネージによる広告が急成長しています。その中でもタクシーサイネージは、ビジネスマンへの訴求ツールとして急速に伸びている広告の出稿方法です。

しかし、実際にタクシー内に広告を出したくてもどのような手順でどこに依頼すればいいのかわからないことも多いでしょう。

この記事では、タクシーサイネージとは何か、出稿するメリットや運営会社の情報を詳しく詳しく解説します。

また、成功事例や広告出稿の相談先も紹介しますので、これから広告出稿をお考えの方は最後まで読んで、参考にしてください。

タクシーサイネージとは

タクシーサイネージとは、タクシーの助手席の後ろに設置された液晶ディスプレイで動画を配信する広告です。

タクシーの広告は、以前は窓に貼るステッカーや助手席の後ろに置いてあるリーフレットが主流でした。

現在は、タクシーの利用頻度が高いビジネスマンへの訴求ツールとして、広告の動画配信ができる「タクシーサイネージ」に需要があります。

2023年デジタルサイネージ広告費用は、全体で前年比119%と増加しておりと増加しており、801億円と推測されています。なかでも、交通機関は399億円で全体の49.8%と全体の50%近い割合です。

タクシーサイネージサイネージは首都圏のタクシーへの設置がほぼ完了し、今後は広告効果の測定などの技術革新に期待が寄せられています。寄せられています。

利用者への訴求効果が高いタクシーサイネージ はタクシーサイネージは、サービスや商品の認知度・の認知度・売上アップが期待できる広告といえるでしょう。

引用元:CARTA HOLDINGS公式ホームページ

タクシーサイネージ広告のメリット

ここからは、タクシーサイネージ広告のメリットを5つに分けて分けて解説します。メリットを理解して、訴求効果の高いタクシーサイネージの広告出稿を検討しましょう。

  • 視認性・注目率が非常に高い
  • ビジネス層や購買力の高い層に訴求できる
  • 繰り返しの訴求で刷り込み効果が期待できる
  • エリアセグメント配信ができる
  • 時間帯に応じて広告内容を変えられる

視認性・注目率が非常に高い

タクシーサイネージのメリットは、乗車時間が短いため、視認性・注目率が非常に高いことにあります。

JapanTaxiの調査によると、タクシーの乗車時間は平均18分です。

他の公共交通機関よりも短時間で目的地に到着するため、つぶす時間が短く、目の前のディスプレイに集中しやすい環境にあります。

ディスプレイに表示されるのは、ニュースや広告だけではありません。

料金や走行距離などのメーター情報が同一の画面に表示されることで、興味を引きやすく自然と視界に入る仕組みになっています。

そのため、タクシーサイネージは視認性・注目率が非常に高い広告といえるでしょう。

ビジネス層や購買力の高い層に訴求できる

タクシーの利用者は、経営者をはじめ企業の決済に携わるビジネス層や、購買力の高い富裕層が多い傾向にあります。

「2020年度タクシーに関するアンケート調査結果」によると、1ヶ月の利用回数は経営者が他と比べて圧倒的に多いことがわかります。(4〜10回は39%、それ以上が44.1%」)

経営者や企業の決裁権限がある役職者は多忙であるため、であるため訪問して対面して対面での訴求は難しいこともあるでしょう。タクシーの車内を利用したデジタルサイネージであれば、であれば、目の前のディスプレイから動画と音声が配信されることでことで意識せずともせずとも自然と視界に入ります。

多忙なビジネスマンや富裕層も移動中にゆっくりと広告を見られるため、有効的にターゲットへ訴求できます。できます。

引用元:一般社団法人東京ハイヤー・タクシー協会ホームページ

繰り返しの訴求で刷り込み効果が期待できる

コロナ渦以降、人との接触を避けたいとタクシーを利用する人が多くなりました。ビジネスマンを中心に、繰り返し利用する人人では、1ヶ月に3〜10回程利用しています。しています。タクシーを何度も利用することで、同じ広告を目にする機会が増え、刷り込み効果が期待できます。

刷り込み効果とは、日常で短時間に同じことが繰り返されると、記憶に定着しやすいという効果のことです。

たとえば、テレビCMや看板などで何度も同じ商品を見ると、無意識に記憶に残ります。サービスや商品の認知度を上げ、使ってみたいと思わせることに刷り込み効果は使われます。

タクシーサイネージでも、1ヶ月に何度もタクシーを利用する人へ繰り返し広告を配信することで、刷り込み効果が期待できるでしょう。

エリアセグメント配信ができる

タクシーサイネージは、エリアセグメント配信ができるというメリットがあります。

タクシーの乗車時間は平均で18分程で、エリアを大きく超える移動はそれほど多くありません。そのため、ビジネス街に特化した広告や観光地に特化した広告など、エリアセグメントしやすいのが特徴です。

ビジネス街では経営者に向けて、人材サービスや会計ソフト、商談に使えるカフェなどの広告を配信して利用を促します。観光地では地域の天気予報と共に、地元のイベント情報やレジャー施設などに訪れてもらえるような広告を配信します。

また空港からタクシーを利用するインバウンド客へは、言葉が通じなくとも通じなくとも視覚的にアピールすることですることで、商品やサービスの魅力がが伝わるでしょう。

時間帯に応じて広告内容を変えられる

時間帯に応じて広告内容を変えられることもことも、タクシーサイネージのメリットです。

タクシーサイネージは、タクシー乗車時に配信される広告なので、早朝から深夜までの配信が可能です。

たとえば、昼間はビジネスマンや主婦向けに、商談や女子会に利用できる最寄駅のカフェなどの情報を配信します。

夜は接待や飲み会などでタクシーを利用する人向け人向けに、お酒の飲めるレストランや居酒屋の情報を配信します。

時間帯によって配信内容を変えることで、同じエリア内でも、狙ったターゲットに合わせ合わせ内容で有効的な訴求が可能です。

時間帯が違っても狙ったターゲットに有効な広告を配信できるため、成果につながりやすいX点がタクシーサイネージ のメリットといえるでしょう。

タクシーサイネージ広告の主要メディアと運営会社

タクシーサイネージ広告の主要メディアは2つあります。それぞれ地域・取り扱うタクシー会社・台数が異なります。

2社の広告商品は、乗車時にメーターが動くとCM放映が開始される仕組みです。

ここからは2つの運営会社の2社の概要や料金などを紹介をしていきます。

  • GROWTH(株式会社ニューステクノロジー)
  • TOKYO PRIME(株式会社IRIS

GROWTH(株式会社ニューステクノロジー)

GROWTH(株式会社ニューステクノロジー)は、東京23区内を中心に配信されるタクシーサイネージメディアです。

「移動時間に新体験を」をコンセプトに今後の自動運転を見据え、車内での過ごし方を提案しています。

タクシーサイネージ広告は、ビジネスパーソンが多いとされる東京都の港区・千代田区・中央区を中心に11,500台を導入。

「国際自動車」「大和自動車」など大手タクシー会社に設置され、月間770万人の乗客へ動画を配信しています。

ノートパソコンよりも大きい15.6インチの大型モニターからの、高精細で迫力ある映像発信が魅力です。

放送ローテーションは、タクシーの平均乗車時間である18分に適したメディアコンテンツと広告映像を交互に配信しています。

メニュー名 放映タイミング 秒数 ローテーション
FIRSTVIEW 乗車後1本目 CM60秒 一番最初のCM
BUSINESSVIEW 乗車後2〜7本目 CM30秒 コンテンツとCM30秒の繰り返し
ECONOMYVIEW 乗車後8本目以降 CM30秒 コンテンツとCM30秒の繰り返し

引用元:GROWTH公式ホームページ

TOKYO PRIME(株式会社IRIS)

TOKYO PRIMEは、全国35都道府県に展開されるに展開される設置台数国内No.1のタクシーサイネージメディアです。

株式会社IRISが運営し、「まだ見ぬPRIMEに出会える18分」をコンセプトとし、乗車体験と広告価値の向上をめざしています。

タクシーサイネージ広告は、全国35都道府県・計7万台をネットワークしており、東京だけで25,500台を導入していますしました。

タクシーアプリ『GO』加盟会社の多くで展開し、業界最大手の「日本交通」を中心に全国で3,500万人、東京都だけで1,500万人に配信しています。

放送ローテーションは、平均乗車時間18分に合わせて、メディアコンテンツと広告映像を交互に配信しています。

メニュー名 放映タイミング 秒数 ローテーション
1st Ads 乗車後1本目 CM60秒 一番最初のCM
2nd Contents 乗車後

2本目〜9本目

CM30秒 コンテンツとCM30秒の繰り返し
3st Ads 10本目以降 CM30秒 コンテンツとCM30秒の繰り返し

引用元:TOKYO PRIME公式方ホームページ

タクシーサイネージ広告料金の相場

各社の特徴が理解できたところで、実際にタクシーサイネージの広告料金の相場はどのくらいなのか見て見ていきましょう。

先ほど紹介した東京都に特化した「GROWTH」、全国展開している「TOKYO PRIME」の料金を比較しました。

料金は、時間や配信のタイミングによって変動します。

タクシーサイネージ広告料金の相場について、それぞれ詳しく詳しく解説します。

GROWTHの場合

GROWTHの広告料金のプランは以下の2つです。

  • 広告が流れるタイミングによって分かれるプラン(3種類)
  • 放映課金型プラン「TARGET VIEW」

ここでは、広告が流れるタイミングによって分かれるプランの料金を紹介します。

広告が流れるタイミングによって分かれるプランには、3つのプランがあり、放映のタイミングで料金が異なります。

広告が流れるタイミングによって分かれるプラン

メニュー名 放映タイミング 秒数 広告料金

(7日間)

想定

表示回数

配信台数
FIRST

VIEW

乗車後

1本目

60秒 770万円 150万回 11,500台
BUSINESS

VIEW

乗車後

2〜7本目

30秒 550万円 120万回
ECONOMY

VIEW

乗車後

8本目以降

30秒 330万円 80万回

※料金は税込価格です。

※2024年4月現在

引用元:GROWTH公式ホームページ

TOKYO PRIMEの場合

TOKYO PRIMEの料金のプランは以下の4つです。

  • 広告が流れるタイミングでわかれるプラン(全国一律)
  • エリア別プラン
  • 長距離走行プラン
  • シートベルト着用のタイミングで広告が流れるプラン

ここでは広告が流れるタイミングでわかれるプラン(全国一律)の料金を紹介します。広告が流れるタイミングによって分かれるプランには、3つのプランがあり、放映のタイミングで料金が異なります。

広告が流れるタイミングでわかれるプラン(全国一律)

メニュー名 放映

タイミング

秒数 広告料金

(7日間)

想定

表示回数

配信台数
1st Ads 乗車後

1本目

60秒 FULL:1,870万円 540万回 70,000台
HALF:935万円 270万回 35,000台
2st Ads 乗車後

2本目〜9本目

広告枠

30秒 FULL:1,320万円 360万回 70,000台
HALF:660万円 180万回 35,000台
3st Ads 10本目以降 30秒 FULL:484万円 110万回 70,000台
HALF:242万円 55万回 35,000台

※料金は税込価格です

※2024年4月現在

引用元:TOKYO PRIME公式方ホームページ

タクシーサイネージ広告の成功事例

ここからは、タクシーサイネージ広告を使って成功した事例を紹介します。

タクシーの乗客比率は、約80%がビジネス層です。その中でも、経営者や決定権をもつ管理者に向けた広告を配信することで、アクセスや注文が増えるなど高い効果が得られています。

業界ごとにまとめているので、タクシーサイネージを導入する際の参考にしてください

  • BtoBプロモーション
  • 旅行・観光業界
  • 飲食業界

BtoBプロモーション

ひとつめは、タクシーサイネージとBtoBがマッチした成功事例を紹介します。

株式会社ROBOT PAYMENTは、請求・集金業務を管理・統合・自動化するクラウドサービス「請求管理ロボ」を扱う会社です。

ビジネスツールに欠かせない請求管理のクラウドサービスは、ビジネス層や意思決定層がターゲットの商品です。

個室空間で音声付きの動画を配信でき、視認性も高い点が強みと考え、TokyoPrimeで1週間出稿をしました。

わずか一週間にもかかわらず、指名検索数は136%伸び、問い合わせ数は150%上昇する結果となりました。

参照:株式会社ROBOT PAYMENT公式ホームページ

旅行・観光業界

ふたつめは、旅行・観光業界がピンポイントで東京エリアにターゲットを絞った成功事例です。です。

ハワイ州観光局は、日本人旅行者をハワイへ誘致することを目的とし、日本とハワイの交流を深める活動も担っている団体です。

目的は、これまでにはないハワイ島のイメージや魅力を発信し、ハワイ島のブランドイメージをを再構築することすることです。

ハワイは関東圏、特に東京からの旅行者が多いです。いです。ターゲット層と都内のタクシー利用者が一致し、「GROWTH」で約11年間の長期出稿をしました。

出稿後は、「オアフ島以外で次に訪れたい島はどこですか?」の質問にハワイ島の回答が1番多いという結果となりました。

参照:ハワイ州観光局公式ホームページ

飲食業界

みっつめは飲食業界で、忙しいビジネスマンに向けて商品をアピールした成功事例です。

ベースフード株式会社は、バランスよく栄養素が摂れるパンや麺を開発・販売している会社です。

「BASE BREAD」は、仕事の間に小腹を満たすケースが多く、タクシーで移動中のビジネスマンに商品をアピールするのが目的です。

忙しいビジネスマンに、置き換えダイエットとして、コンビニで販売しているという広告を「GROWTH」で三ヶ月間出稿しました。

走行エリアのコンビニの購入数は、他エリアと比較して平均4%程度増加し、シリーズ累計販売数1億5,000万袋を突破しました。

参照:ベースフード株式会社公式ホームページ

タクシーサイネージ広告掲載までの流れ

ここからは、タクシーサイネージの広告掲載までの流れを解説します。

  1. 各タクシーサイネージ運営会社に出稿の問い合わせをする
  2. 出稿内容や予算等のの打ち合わせする
  3. 実施内容の提案書・見積を確認する
  4. 発注し、広告枠を確保してもらう
  5. 広告を撮影した動画を確認、掲載する
  6. 放映終了後、実施期間中の再生回数などの報告をもらうをもらう

掲載先を決めたらターゲットを絞り、出稿内容をよく検討しましょう自社の予算に合わせて、短い時間でも印象に残るような動画広告を作成します。

しかし、短時間でインパクトのある動画を作成するのは、自社で行うのは難しい場合もあるでしょう。

その場合は、動画制作会社に依頼するのがオススメです。

同時にSNSやホームページの内容を充実させると、問い合わせ時にさらに集客アップにつながります。

まとめ

タクシーサイネージは、経営者や企業の決済に携わるビジネス層や、購買力の高い富裕層向けの訴求ができる広告です。

ビジネス層の利用頻度が高いタクシーでは、時間帯や地域でセグメントして繰り返し広告を配信するため、印象に残りやすいという特徴があります。

しかし、細かいセグメントやターゲットに合わせた効果的な配信には、分析や効果測定が欠かせません。