交通広告にはデジタルサイネージがおすすめ!成功事例や料金も解説

交通広告にはデジタルサイネージがおすすめ!成功事例や料金も解説

近年は、駅構内・電車・バスなどの中でデジタルサイネージ広告を見かける機会が増えました以前は紙面のポスターが主流であった交通広告ですが、デジタルサイネージの導入事例が顕著にみられます。

交通広告には、視認性の高いデジタルサイネージの導入は相性がよいと考えられています。しかし、デジタルサイネージへの広告出稿をする際に、どのような広告内容が適しているか判断に困っている方も多いでしょう。

今回は、交通広告にデジタルサイネージが向いている理由について説明しますまた、交通広告への出稿における成功事例や、出稿にかかる料金の事例についても紹介します。今回の記事を参考に、交通広告への出稿を検討してみてはいかがでしょうか。

交通広告にデジタルサイネージがおすすめの理由

一般的に、交通広告にはデジタルサイネージが適していますが、なぜオススメといえるのでしょうか。交通広告への出稿を考える前に、まずはデジタルサイネージと相性がよい理由について理解しましょう。

交通広告にデジタルサイネージがオススメである理由として、以下に3点紹介します。

  • 映像を用いて印象に残りやすい
  • 印刷費用が不要なのでコストを抑えられる
  • 時間帯や曜日に応じて切り替えられるの

映像を用いて印象に残りやすい

デジタルサイネージは、映像を用いた広告出稿手段であるため、印象に残りやすい点がメリットとして挙げられます。これまでの紙面のポスターや静止画のような広告よりも、映像がモニター内で動いている広告の方が、見る側としては印象に残りやすいです。

また、デジタルサイネージの多くが映像だけでなく音声も流せるため、さらに注目度を高められます。ストーリー性のある画像と音声の発信や、宣伝する商品やサービスの雰囲気を伝える情報の発信など、工夫次第でさらに視認性を高められます。

複数面を同時に使った情報発信や、大型モニターの活用など、広告発信のパターンは無数に存在するでしょう。映像を用いた情報発信により、見た人の印象に残る広告展開が可能です。

印刷費用が不要なのでコストを抑えられる

デジタルサイネージの場合は印刷費用が不要であるため、広告出稿にかかるコストを抑えられます今までのような紙面のポスターを掲示する方法では、印刷および貼付作業に費用と手間がかかります。

一方、デジタルサイネージであれば紙面の印刷は不要です。貼付作業も不要で簡単に広告内容の切り替えができます。紙やインクの利用が不要である点は、環境にも優しい広告出稿手段といえるでしょう。

デジタルサイネージを使った広告出稿には、デジタルデータの製作が必要です。ソフトを使ったデータ上での処理で完結するため、物理的な手順を削減できるのは大きなメリットといえます。映像切り替えなどの運用中の費用も、最小限に抑えられて経済的です。

時間帯や曜日に応じて切り替えられる

デジタルサイネージは、時間帯や曜日などに応じて自動的に配信内容を切り替えられますたとえば、早朝や夕方の時間帯はサラリーマンやOLなどの方々が多く行き来すると考えられます。ビジネス関連の広告を発信すると、高い訴求効果が期待できるでしょう。

一方、昼の時間帯は主婦などの買い物客に向けた広告発信をすると効果的です。平日と土日祝日で配信内容を変えるのにも適しています。

デジタルサイネージの広告配信内容の切り替えをご希望なら、アドボックスの「どこでもアド」への相談がオススメです「どこでもアド」なら。時間帯や曜日によりモニターでの広告内容を切り替えられる設定が可能です。無料相談に応じているため、ぜひご相談ください。

デジタルサイネージの交通広告の種類

交通広告におけるデジタルサイネージの中には、いくつかの種類があります用途や目的に応じて、適切な出稿場所の種類を選ぶことが大切です。広告効果を最大限に高めるため、種類ごとの特徴を理解しましょう。

デジタルサイネージの交通広告の種類のうち、主なものを以下に2例紹介します。

  • 車内ビジョン
  • 駅デジタルサイネージ

車内ビジョン

車内ビジョンとは、電車の車両内に設置されているデジタルサイネージ広告のことです。電車内での映像による広告発信は、高い視認性が期待できるため、有効な広告手段として注目度が高いです。

近年では、ドアの上部・まど上ポスターの位置・ドア横などで設置されている事例が多く見られます。特に首都圏の路線においては、多くの電車でデジタルサイネージ用モニターが設置されています。

電車内では音声を発信できませんが、車両内部において唯一動きのある広告手法であるため、動画のみで高い広告効果が期待できます。

駅デジタルサイネージ

駅デジタルサイネージとは、駅構内の各所に設置されているデジタル広告です駅構内の柱や壁面に設置されるケースが多く、通行人の目に留まりやすい有効な広告手段と考えられています。

通路の柱に複数のモニターを連続して設置することにより、繰り返し広告を見せて印象付けをするなど、工夫次第でさまざまな広告発信が可能です。

首都圏の駅をはじめ、全国さまざまな駅で導入事例が増えています配信するデータの切り替えも簡単におこなえるため、運用面でも便利です。通行人が多い駅のデジタルサイネージは、特に高い訴求効果が見込めます。

デジタルサイネージの交通広告の事例

交通広告にデジタルサイネージを導入した事例は、現在増加傾向にあります視認性が高く効率的な広告発信ができる手法であるため、今後も増えていくと予想されます。

他社で実施した交通広告を事例として参考にし、ぜひご自身の広告出稿に活かしてください。デジタルサイネージを交通広告に用いた成功事例として、以下に6例紹介します。

  • 株式会社バイタル
  • トヨタ
  • JR西日本「大阪駅メディア」
  • B&Sカンパニー
  • 博多一風堂
  • 芝公園歯科

株式会社バイタル

株式会社バイタルは、最先端の医療機器メーカーです同社は、自社商品のPRを目的として、JR品川駅のコンコース内に設置されたデジタルサイネージであるJR品川駅J-ADビジョンを活用しました。

コンコース内に複数設置されているモニターを独占するように映像が流れ、印象的な広告発信に成功しました。同社が取り扱う製品は医療機関向けのため、本来は一般の人向けの広告は効果が期待できません。しかし、直接的な広告効果だけではなく、世間での認知度を高め企業の信頼感を高める目的で交通広告出稿を実施したとされています。JR品川駅は多くの通行人がいるターミナル駅であるため、一般の人向けの情報発信に適している場所といえるでしょう。

トヨタ

大手自動車メーカーであるトヨタも、交通広告のデジタルサイネージを活用した事例がありますトヨタの新型車販売のタイミングにあわせて、JR立川駅で大々的なプロモーション活動を実施しました。

東京の中でも自動車保有率の高い地域である多摩近辺をターゲットにするため、JR立川駅のプロモーションを実施したという背景があります。駅のホームへとつながる階段の壁面に、販売する新型車の広告を一斉に表示する手法を採用しました。

連続で発信される広告を用いた手法で、通行人に対しての高い訴求効果が期待される事例といえるでしょう。さらに、歩行者に対面する向きに大きな横断幕を用いて、相乗効果を狙った取り組みもおこなっています。

JR西日本「大阪駅メディア」

JR西日本では、大阪駅を活用したデジタルサイネージ広告出稿に取り組んだ事例があります。大阪駅は、首都圏の駅に次ぐ巨大ターミナル駅であるため、通行人が多く広告出稿先として優れています。

JR西日本は、データ配信会社と協力して掲載期間や配信時間帯の柔軟な切り替えなどの実証実験をおこないましたデジタルサイネージに設置されているカメラを用いて、通行人の視認性や閲覧者の属性の記録なども同時に実施可能です。

設置したカメラで収集したデータは、次回の広告配信の際に活用されています。JR西日本では、今回の大阪駅を活用したメディア展開に留まらず、他の主要な駅でも積極的なデジタルサイネージ広告出稿の展開をおこなっています。

B&Sカンパニー

ペットシッター事業をおこなっているB&Sカンパニーも、交通広告におけるデジタルサイネージ出稿に成功した事例を持っています同社のペットシッター事業開始にあたって、さまざまな媒体でのプロモーション活動を実施しました。

たとえば、JR高円寺駅の交通広告を用いたプロモーション活動をしました同社は、杉並区を中心としたエリアでのサービス提供をしているため、その中心であるJR高円寺駅の媒体を活用した経緯があります。

駅のエスカレーターの見やすい場所にサイネージ広告の設置をおこなっています。、さらに、バス車内に広告を出稿したりと、地元民の目に留まるような交通広告を積極的におこないました。地域の面からターゲットを絞ってプロモーションをおこなった好例といえるでしょう。

博多一風堂

福岡県発祥の有名ラーメン店である博多一風堂も、交通広告を有効活用した事例を持っています湘南エリアでの初めての店舗展開をきっかけに、江ノ島電鉄の電車内中吊りや屋外広告を積極的に活用しました。

店舗オープン前は、江ノ島電鉄の電車内に中吊りポスターを掲示し、来店を促すプロモーションをおこなっています。また、屋外広告としてはリードサインを採用し、地域住民から観光客まで幅広い訴求をおこなっています。

博多一風堂のオープン前のプロモーション活動は、短期間でありながら高い成果を上げました。湘南エリアで広く店舗オープンが知れ渡り、好評を博す要因となっています。交通広告を最大限に活用した好例といえるでしょう。

芝公園歯科

芝公園歯科は、富裕層に向けた訴求を目的として、タクシー広告の出稿をおこないました東京エリアおよそ700台のタクシーに広告を掲載し、同時にリーフレットの配布をする広告活動を実践した実績があります。

芝公園歯科の広告活動が成功したのは、ターゲット層を明確に持ち、タクシー広告を選択した点が要因と考えられます。タクシー広告は、30代以上の富裕層が目にする機会が多いため、同医院がターゲットとする患者に訴求しやすかったのでしょう。

交通広告といえば、電車やバスをイメージする方も多いかもしれませんが、今回の事例のようにタクシーを活用した広告出稿も可能です。目的やターゲット層を意識して、最適な広告媒体を選択することが大切です。

デジタルサイネージ交通広告の出稿料金・サイズ

デジタルサイネージの交通広告の出稿を検討する際には、料金や媒体のサイズが気になる方も多いのではないでしょうか料金の相場や広告媒体のサイズを把握しておけば、ご自身の目的やターゲット層に合った適切な出稿場所の選定ができるでしょう。

主なデジタルサイネージ広告出稿場所を、駅や電車内を中心に以下に3例紹介します出稿料金やビジョン広告のサイズについても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

  • メトロコンコースビジョン
  • Namba one Vision
  • 京王新宿ホームジャック

メトロコンコースビジョン

メトロコンコースビジョンは、東京メトロの主要駅に設置されているデジタルサイネージです通路やコンコースの柱などに設置されており、多くの通行人に高い広告訴求力が期待できます。

1週間単位の短い期間で、多くの駅で広告発信が可能ですメトロコンコースビジョンに出稿する費用は、以下の通りです。

場所 面数 サイズ 放映期間 放映秒数 費用(税込)
メトロコンコースビジョン 301 42~70インチ 7日 15秒 2,000,000円

引用元:交通広告ドットコム公式HP

Namba one Vision

Namba one Visionは、大阪の代表的なデジタルサイネージ広告出稿場所です御堂筋線なんば駅の南北通路に設置されている大型ビジョンで、インパクトのある広告発信が可能です。

地下鉄の利用客だけでなく、各路線への乗り換えをする人も多い場所であるため、多くの人に広告を届けられます。通勤客だけでなく観光客など、幅広いターゲット層を意識した広告出稿に適しているでしょう。

Namba one Visionに広告を出稿する費用は、以下の通りです。

場所 形式 サイズ 放映期間 放映秒数 費用(税込)
Namba one Vision 1社買い切り 縦2 × 横22m 7日 2,750,000円
Namba one Vision ロール放映 縦2 × 横22m 7日 15秒 275,,000円

引用元:おおさかSUBWAY公式HP

京王新宿ホームジャック

京王新宿ホームジャックは、京王新宿駅の3番線ホームに設置されているデジタルサイネージです。日本最大のターミナル駅である新宿駅で、多くの通行人に広告を届けられます。

ホームに設置されているモニターであるため、電車待ちの人などに対して高い訴求力が期待できます。京王新宿ホームジャックへの広告出稿にかかる費用は、以下の通りです。

場所 面数 サイズ 放映期間 放映秒数 費用(税込)
新宿スーパー10 10枚 B0サイズ 7日 15秒 715,000円
新宿スーパー4A、B 4枚×2面 B0サイズ 7日 15秒 550,000円
新宿スーパー4C~H 4枚×6面 B0サイズ 7日 15秒 1,320,000円

引用元:KEIO MEDIA公式HP

まとめ

交通広告におけるデジタルサイネージへの出稿は、高い訴求効果が期待できます視認性が高い広告出稿ができるため、効率よく商品やサービスの宣伝ができるでしょう。

交通広告としては、車内ビジョンや駅サイネージなどへの出稿の事例が多いです。実際に多くの企業が成功を納めてきた事例もみられます。

これから電車内サイネージへの広告出稿を検討している方は、まずは無料プランニングを行っている窓口に相談してみましょう。